自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
落ち葉の中の幼虫の正体は
今日は堆肥の切り返しをしました。
去年から積んでいる落ち葉堆肥がまだ分解されてなかったので、先週米糠と灰、更にドブロクの残りの酒粕を混ぜ、一週間寝かせていました。
今日上に被せているビニールを剥ぐと、表面に菌糸が育っていました!


なかなかいいです。

因みに堆肥とは、土壌改良剤とか土作りとかって言われていますけど、つまり土の中の微生物を増やす為に畑に入れるものだと私は理解しています。
土の中の微生物が増えると、悪玉菌だけがはびこったり、病気が蔓延したりってことを防げるみたい。
それに堆肥を食べにミミズがたくさん集まるから、土の中に空間がたくさんできて酸素や水分をいい具合に根が吸収できるようになるみたい。

なんの為に堆肥を作るのかが腑に落ちると、(今までは堆肥って何??って感じだったので、闇雲に作って放置していました) 微生物の働きにますます興味が湧いてきました。

さて、ハンペン(菌糸の塊)がいっぱいできた落ち葉を切り替えします。酸素を入れてあげたり、菌が広がってないところにも均等に菌糸が周るようにしてやるためです。

すると、半分土になっている落ち葉の中から転がり出てきた白い物があります。


落ち葉の中から出てきたから、カブトムシの幼虫でしょうか?
でもそれにしては小さいようです。ひょっとしてコガネムシの幼虫でしょうか??
コガネムシの幼虫なら、植物の根を食い荒らすから害虫です。でも落ち葉堆肥の中には根っこなんでありません。

「とにかく、今は落ち葉を堆肥にしてくれてる分解者なんだから。」

私は仏心を出し、スコップで傷つけないようにワラの上に置いて置きました。
その後も出るわ出るわ、数えてみたら27匹もいました。全部小さくてカブトムシの幼虫ではないような気がしてきます。
しかし私はカブトムシには詳しくありません。この時期はまだ大きくなっていないのかもしれません。

最後に堆肥の中に戻してやろうと、私は幼虫を手のひらに乗せました。白くてシワシワでゴロンとした幼虫たちが、手のひらの上で犇めいている風景は虫好きの私が見ても気持ち悪く、「キモッ!」とか言いながら堆肥の中へぶち込みました。


先週とって来て作ったばかりの落ち葉堆肥も菌糸が貼っていましたが、こちらは微かにお酒の匂いと、しっかり乳酸菌のすえ臭いがしていました。



さてお昼になったので家に帰り、妹のみっこの食事介助をしてやりながら、iPhoneでさっきの幼虫がカブトムシなのかコガネムシなのか調べてみました。

カブトムシの幼虫は12月の時点で大きくなっている筈であり、有機物がいっぱいの土にもコガネムシの幼虫が湧くから、あれはどうやらコガネムシの様でした。

私はみっこの口に焼き飯をつっ込みながらiPhoneを操作していました。
「みっちゃんが可哀想やろ!」
母がハルに食べさせながら怒っています。

次また切り返しするときは、あの幼虫たちを水を張ったバケツに沈めてやろう、機械的にみっこの口に空になったスプーンを突っ込みながら、私は心に決めたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

みっぴもコガネムシも
むごい。
シノブ | URL | 2011/01/29/Sat 16:40 [編集]
あれ?iPhoneから返事できるわ!
おねえ

かまん。
あたし普段めっちゃ優しいき、みっこも感謝しちゅうハズや。

鶏がおったら幼虫食わしてやるんやけどね~。
アカネ | URL | 2011/01/29/Sat 19:10 [編集]
みっちゃん ・・・(´・ω・`)
John | URL | 2011/02/03/Thu 21:26 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。