自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
薪風呂の落とし穴
皆さん、久しぶりのブログにも関わらず、数々の反響ありがとうございます。iPhoneから投稿したのですが、コメントは読むことはできますが、何故かコメントへの返信を書き込むことができません。
うちの父に殆んど占拠されている、クソ遅いパソコンにてお返事を書き込みますので、少々遅くなりますことをご了承願いますm(_ _)m


只今、畑にてくん灰製作中。


もっと大きなドラム缶でガーッてやりたいところですが、ない為に大量の枯れ草と籾殻を前に、チマチマと燻しております。


さて、もくもくあがる真っ白い煙で思い出したのですが、この機会に今スローライファーの中で流行っている薪風呂について、『チルチン人』や『うかたま』ではきっと教えてくれないであろう薪風呂の秘密を語りたいと思います。

二酸化炭素を増やさない燃料としてエコな人々が注目しているものの一つが薪であります。
けれども、煙が出る、火事の危険、入手の難しさから都会の人々においては憧れでとどまっている、それが薪です。
それゆえに望んで薪ライフを手に入れた人は、郊外に家を持ち、タダでなければ意外に高い薪を購入できる財力を持った勝ち組であることは間違いありません。

ところで、我が家は流行り廃りに乗り遅れて今でも薪風呂の田舎にあります。
ボイラーも付けたのですが早々とぶっ壊れ、今じゃその時のメーカーも消え、しゃーなしで薪で沸かしています。
幸いにも、焚き口は屋内にあるので、寒い日や雨の日にも外で風呂を沸かす必要はありません。以前は焚き口もトイレも外にあったらしいのですが、改装するときに全て屋内にしたのだそうです。

そしてそれゆえの問題が発生したのです。
事件はいつも強風の日に起こります。

ある日、ある夕、ある嵐の夜、お風呂係りの父が茶の間に逃げ込んで来ました。
「おおのたまらん!こりゃイカン!
こんなに風が強い日は煙りが逆流して不完全燃焼するわえ!一酸化炭素は身体に入ったら排出されんがやき。」

父は必死で目を擦り、いかにも可哀想です。父が急いで閉めた戸から、もわあっと煙が舞い込んで来ました。
「今日は風呂ナシじゃこりゃあ!」
「あたしがやっちゃる!」

父の仇を打つため、私は焚き口へ乗り込みました。父の目を潰した煙を追いやり、風呂をちゃんと沸かすためです。

扉を開けた途端、真っ白な世界が私を取り込みました。
何も見えません!
息が出来ません!
私は目を瞑ってタオルを弄り、もう一度扉の外にでて息を思い切り吸い込むと、目を固く閉じ、決死の覚悟で焚き口に降り立ちました。
とにかく、もう煙を吐き続ける焚き口の蓋を閉め切ってしまうほかありません。このままでは我が家全員 一酸化炭素中毒で死んでしまいます。

焚き口の蓋は熱くなっていて素手で触ることはできません。私は目を瞑ったまま火箸を探り当てました。

ついにこの目を開く時が来ました。
全てを終わらせる時が。
この目を犠牲にしても護らなければならないものがあるのです。

私は焚き口の前で目を見開きました。

何も見えません!!
手元もただ真っ白な煙の中です!!

「無理~~~~~!!!!!!」

私は即効で逃げ出しテレビの前で咳き込みました。
「喉 痛っ!!一酸化炭素中毒で死ぬが苦しいやん!!」
「練炭は煙が出んがよえ。」

母はとっくに風呂を諦め、テレビを見ていました。
既にテレビの部屋も台所にも白い魔の手が伸び、妹のハルは何が起きたかもわからないまま、痛くて目をしぱしぱさせています。


(障子の向こうの台所も白くなっていることに注目)


(焚き口の横にあるサンルームもこんな状態に...)


寒い夜にも関わらず父が窓を開け放ちました。
もう一度私が挑戦するしかない。他に道はない。
さっきのおかげで焚き口の場所も火箸の場所も掴みました。
チャンスは一瞬、今この時です!

私はもう一度煙の世界に踊り込み、ついにパンドラの蓋を閉じました。

「やった!やったよ~!」

「今日はもう風呂わかせんきね。なしよ。」
母が言いました。


風呂嫌いな私はとても嬉しかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同じく薪生活
うちは屋外に焚口があるので室内が白い世界になることはないけれど
雨の日は、傘さしてやってます。
そしてなかなか火がつかないのでキーってなる。。
でも焚くのが面倒な時は、太陽光やボイラー様に頼ります。
薪を切る人が居てこそできる生活ですねv-91
みほ | URL | 2011/01/22/Sat 15:23 [編集]
みほちゃん
薪ストーブも逆流することがあるみたい。

うちも夏はソーラーで沸かせるけど、冬はお湯が出んからね~。
そうそう、雨の日もくする。
薪の水分で不完全燃焼して、もわ~って。
でも新聞紙一枚で薪にうまく燃えた時って、やった!って思わん?(笑)
みほちゃんくって隣の家と近いけど薪風呂なんやね~。
一緒やね!^^
アカネ | URL | 2011/01/22/Sat 17:57 [編集]
なんの戦いだ(苦笑)
すげー煙・・。隊長、やばいっすよ。

薪風呂は、小さい頃に父の実家が五右衛門風呂だったから、行ったときに薪を入れたことがある。
家のなかに入り口があった。薪で焚いてもらいながら入る五右衛門風呂が怖かった。触ったら火傷すると思って、すぐでた。
今思うと貴重な体験だった。
煮干し | URL | 2011/01/22/Sat 22:27 [編集]
ハルwwwwwwwwwwwww
正月におじゃましたときもちょっと煙ったけど、その比じゃないなーーww
John | URL | 2011/01/25/Tue 20:12 [編集]
↑ 今回のほうがひどいという意味で
John | URL | 2011/01/25/Tue 21:55 [編集]
この時チャコは何しよったが?
シノブ | URL | 2011/01/29/Sat 16:43 [編集]
Jhon
この時は最強やったね~。
火事の時に煙に巻かれて死んでしまう理由が解った。
視界が利かんから逃げ場が解らん上に、
息ができんがやもん。
タオルで口抑えても無意味やし。
アカネ | URL | 2011/01/29/Sat 19:15 [編集]
おねえ
覚えてないと言うことは外におったがやない??
夕方はまだ外と中をろいろいしゆうとき。
アカネ | URL | 2011/01/29/Sat 19:17 [編集]
煮干しさん
確かに焚きすぎると風呂釜まで熱くなっちゃいますもんね。
でも今思うと五右衛門風呂珍しいからもったいなかったですねー。
アカネ | URL | 2011/01/29/Sat 19:20 [編集]
妾は煙草の煙も羊肉の煙も駄目じゃ・・・
多部城未華子姫殿

未華子姫様に於かれましては御機嫌麗しゅう候

妾(わらわ)は煙草の煙もジンギスカンの煙も
眼がしょぼしょぼしてしまいし故
長い時間は堪えられぬ有様にて候

札幌の羊肉店にて煙に眼を瞬かせ涙を流しておるに
店の婆やなるおなごが
「涙を流せしほど美味しゅう御座いますればいとうれし」
などと世迷言を言いせしば
妾は即座に「下がりゃ」と給ひし候

「火の無き所に煙は立たざり」と申せかし
「薪の無き所に煙は立たざる」も
又同じ也や

いとあはれなり

黒鷺城 業姫
業姫 | URL | 2011/02/01/Tue 19:31 [編集]
腹黒城 業姫様へ
御返事遅うなり候えば誠に申し訳なき所存なり。

煙は美人に集ると申します。
いっそのこと煙に巻かれまくりて
涙枯れるまで流し遊ばされて
腹に溜めたる業もすっかり流しきり遊ばされたらいとよかしかったのに。

それではお業殿、焼き芋も出来ぬでは御座りませぬか....
何ともあはれで無念なり。
優しいアカネちゃんことお農より | URL | 2011/02/03/Thu 17:49 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。