自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
最近の野菜たちの近況
毎日毎日毎日暑くて熱くてアツくてたまりませんね。暑さに強い私でももう飽き飽きしたって感じです。
雨も降りそうになっても降らないし、降っても10分ぐらいで止んでカラッカラに晴れたり、まるで空も、祖母のやっとこさ出るかでないか、力んで力んでやっとウサギの糞程度な慢性的な便秘状態のようです。

20株近く飢えたカボチャも枯れるし、オーガニックマーケットのお客様が待っててくれている太ネギも暑さと日照りとヨトウムシのために枯れ、ハブ茶も畝たてに時間を取られ巻く時期が送れたのか、なかなか太らず、

...ますます外に出たくありません。


(カラッカラに枯れ果てた太ネギの骸)

そんな中で、実り始めているものもあります。



六月に植えたラブ米です。
実は、分げつ時にかなり虫に喰われ、私はほぼ諦めかけていたんです。



分げつ時と言えば水をたくさん飲んでいっぱいお日様の光を浴びて呼吸をして、稲穂のために養分を蓄える大切な大切な時。
もうすでに株元では稲穂の基礎が出来始めているそうです。
そんなときにこんな細切れの葉では...(泣)



完全に肥料切れですね。与えたものは米ぬかだけですから。
それに、米ぬかが養分になるわけではなく、米ぬかを餌として増えたたくさんの生き物が養分になったり天敵を呼んでくれたりってことを期待しての米ぬか散布です。

もうこいつらは当てにはできない。

そう悟った私は、ラブ米のことをほとんど諦めていました。それにこの田んぼは、いろいろと対策をしても水漏れして、下のハウス人に迷惑をかけているのです。来年からはもう畑にしようと思っているぐらいです。

そんな訳で、毎日見回りに行かなければならないところを、私は平均して一週間に一度ぐらいしか見に行きませんでした。
とすると当然ホースの入り口に落ち葉が被さって水が入らなくなります。
(でもある程度成長したころに水を止めて地面を乾かす方法もあります。)

そんな、結構放任、ってかむちゃくちゃスパルタな中で育ってきたラブ米が、実をつけ始めたのです。(苗のときに踏んだりもしました。そうすれば強い稲なる、って現代農業に書いてあったので。でも怖くてちょっとしか踏めなかったなー。)

去年と同じく、いろんな系列が出てきました。


まるでタイ米のように細長い籾。背が高く、他のラブ米がやっと穂が出て来たくらいにもうこんな状態。


去年はあまり見られなかったのですが、今年は落ち種から自生したものに赤くて長いノゲを持つものがいました。

こうなってくると、ラブ米は楽しい(^ ^)無肥料、無農薬にしてはなかなかだと思います。コシヒカリはこうはいかないのかしらん??


それと、隣りでは今年初チャレンジの黒米も実っています。これはオーガニックマーケットの広瀬さんから戴いたもの。
最初は調子よかったのですが、飢えた場所が日陰になりやすいためか、葉の色も悪く余り実が入っていない様子。



一本ずつ30センチ間隔で植えたので密埴ではありませんが、背が高くなる品種のためもっと間隔を空けた方がよかったかもしれません。
黒米も、広瀬さんが何代も自家採種しているためかいろいろと形質が異なるのが出ていて面白いです(^ ^)


さて、最近紫外線対策としてサングラス買いました。
サングラスをかけると、カンカン照りも曇りか夕暮れのような気分で、外に出るのにあんまり抵抗がなくなる、ってゆー心理的な効果もありました!

そろそろ秋冬野菜を植える季節、サングラスで紫外線対策に磨きをかけていきます?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

我が家も90歳になる祖母が畑で無農薬野菜作ってるよトマトを食べなかったうちの子は、去年、祖母の畑でプチトマトを採って食べるとこを見せたら食べだしたよそれ以来夏は毎日トマト食べてる。農業は子供を育てるにもいいよね祖母が汗水流して一生懸命作ってる姿を見れる環境での子育て最高スーパーで何でも簡単に手に入る時代だからこそ、あかねちゃんみたいな存在が大切だと思う。あかねちゃんもいつか我が子に今の姿を見せていけるといいね
あさみ | URL | 2010/09/09/Thu 22:34 [編集]
>麻美ちゃん♩
嬉しいコメントありがとう(T_T)
はるくんもともくんも、今ではちょっと珍しいお婆ちゃんもひばあちゃんも一緒におるき、皆に可愛がってもらえて幸せやね。
90歳ひばあちゃんスゴイ!!
今年は暑かったに大丈夫やった!?

私もそんなカッコイイお婆ちゃん目指すゼイ☆
アカネ | URL | 2010/09/12/Sun 14:11 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。