自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
映画 『ゆずり葉』
 書きたいこといっぱいあるんやけど・・・
 とりあえず、今日観てきたばかりの映画のご紹介

 全日本ろうあ連盟創立60周年記念映画『ゆずり葉

 私が大大大大尊敬する友人・K子のお薦め映画でした。
 彼女は、まさに努力の人。現代版・女二宮金次郎
 障害を持つ学生の学業支援としてノートテイクのアルバイトをするうち、手話を身につけ、落語の通訳をするまでになった、努力と根性の人なのです。
 そんな彼女のお薦め映画なのですから、見ない訳にはいきません。
 それに私も学生の頃は、聴覚障害をもつ学生と肩を並べて勉強してたってのもあり、手話とか聴覚障害とかには関心があるんです。

 
 映画の前に、主催者の挨拶がありました。
 現在、高知県のろう学校に養護学校を併設するお達しがあり、当事者抜きで決められた決定に、ろうの方々が非常に戸惑っているとのこと。その反対署名を兼ねての上映でした。

 
 さて映画ですが、凄くよかったです。
 ストーリーは、現在の若いカップルの恋と、もう一人の主人公の過去の恋の思い出が交差していくカンジなんですけど、これがまた巧みです。
 登場人物の人生が何重にも折り重なっていて、深みのある内容です。いたるところに伏線が散りばめられていて、「こうなるのか」って唸ることしきり。泣かせ所もいっぱいあり、会場は涙涙でした。
 
 
 私は手話という言語が好きです。
 空間に絵を描いているようで、美しいなぁと思います。
 表情や身体表現の豊かさも、割と表情の乏しい私には学ぶことも多いです。

 そして、この映画をグッとアツいものにしているのが、手話なんです。
 誰が本当のろう者かわからないくらい手話での会話が多いのですが、身体の使い方、表情なんてのがすごい迫力で、役者さんたちが全員熱演で、それがものすごく響いてくるんです。
 気づけばものすごく引き込まれて、私もハイライトでは泣いてしまいました。


 ちなみに、SPEEDの今井絵里子、ヒロインで出演してるんですが、実際に子供の耳が聞こえないんだとか。当初は歌手としての自分と、子供との間で苦しんだそうですが、子供のために手話を覚え始めた・・・って話を以前聞いてたので、そういう背景を想像しつつ、さらに感激がひとしおでした。
 

 うまく紹介できたかわかりませんが、皆さんも是非お近くで上映があったり、ビデオ屋でDVDを見つけたりしたら、観てみてください!!
 きっと熱ーい感動と興奮に包まれることと思います。


 
 さてさて、明日は馬路村で、奇跡のリンゴこと木村秋則さんの講演会があります。
 木工所にはお休みをもらって、聞きに行ってまいります☆
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おもしろそうやなー

おれは「おそいひと」見たいな。仲間内でかなり話題になった映画。高松で限定公開されたとき見にいけんかったんが今でも悔やまれる・・・。

DVD化はされんだろうなー
John | URL | 2010/02/28/Sun 23:48 [編集]
John
コメントありがとう。
あたし、演技が泥臭くってアツいのに惹かれるがよね☆
美男美女ばっかりの学園モノとか、キレイなドラマとかって好きじゃない。
美男美女でも、唾飛ばして叫んだりとか
勢い余ってちょっと噛んでるみたいなのとかが、リアルっぽくて好き。
アカネ | URL | 2010/03/01/Mon 17:40 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。