自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
初☆自然農
 今、親方の畑を、長野のペンションで農業部門を担当してる人がいじっている。今は畑が雪で埋まってるから、お休みを利用してこっちに来てるんだとか。長野では“自然農”で、宿の6割の野菜を自給しているそう。
 
 またとないチャンスなので、木工が終わってから畑に様子を見に行った。畑は今枯れ草を刈って広々してるけど、春になるとセイタカアワダチソウなんかに覆われる。
 そんな畑で、リーゼントに髭の完全なる横浜銀バエなお兄さんが、畝を立てて雑草の根を刈っていた。

 私は自然農にはすんごく興味あるんやけど、本を読むだけでは実践でわからないところがたくさんあって、何より去年雑草の恐ろしさを身体でわからせていただいた。高知の夏では、自然農の畑がどうなってしまうのか興味と恐怖が尽きない。

 横浜銀バエは、なんと一か所ずつ土を削って、セイタカアワダチソウなどの外来種の根を全部のけていた。

「たまぁ、気が遠くなりますねー!」
と私が言うと、
「まぁ一日で一畝(4mぐらい)しかできん。でも10日やったら10畝できるしな。」
とおっしゃる。ナルホド。
 
 今やってる畝立てや雑草の整理なんかは、秋にやっとくといいそうだ。

 この畑で、鶏を飼う計画も浮上してるし、なんか人の計画に乗っかって面白いことがいっぱいできそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。