自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
読書感想文『プロメテウスの罠2』
 朝日新聞の『プロメテウスの罠~明かされなかった原発事故の真実』がすごく面白かったので、さっそく二作目も図書館で借りて読んでみました。

プロメテウスの罠 2プロメテウスの罠 2
(2012/07/03)
朝日新聞特別報道部

商品詳細を見る

 
 内容は、私たちがすでに知っている原発事故の詳細をつまびらかに取材していた一巻とはうって変わり、一般に知られていない核のゴミの再処理について、電気料のからくり、元炉心技術者の告白などに取材の重きが置かれています。

 特筆すべきは、第八章の“英国での検問”でしょうか。

 1977年に、日本の原発で出た使用済み核燃料を、イギリスとフランスで再処理する契約が結ばれました。

 2007年の時点で、フランスから高レベル廃棄物をガラスの固化体にしたものが、1,310本日本に戻ってきています。
 これらのガラス固化体は土中に永久保存するための仕様ではなく、もう一度燃料として使うためのものです。(ちなみにもんじゅの高速増殖炉という理論は非常に難しいため、イギリスでは研究をやめてしまいました。もんじゅも2兆円以上つぎ込んでいますが、いまだ実用化の目処は立っていません)
 
 さて使用済み核燃料を、MOX燃料(ウランとプルトニウムを混ぜて一般の原子炉で燃やせるようにしたもの)にして日本にフランスから輸送してくるわけですが、『プロメテウスの罠2』ではMOX燃料の値段を試算したデータを載せています。

 2009年 浜岡原発に運ばれたMOX燃料は、1本260kgで約3.3億円。

 2010年 大飯原発に運ばれたMOX燃料でない再処理燃料は、1本670kgで約1億9百万円。

 MOX燃料は、プルトニウムを含むため、輸送船の安全対策にすごくお金がかかるのです。テロリストにプルトニウムが奪われたら、核開発につながりかねません。そのため、輸送船は護衛船と共に、自らも大砲などの武器を装備しているのです。
 *とはいっても、船会社は、人件費・燃料費・維持費などに利益を上乗せした金額を請求すれば、確実に払ってもらえる契約になっているので、日本への輸送は年に1~2回でも29億円の売り上げを出しています。


 なぜこういうことを特筆すべきとしてブログで取り上げているかというと、

 日本での核廃棄物の処理、イギリスとフランスと交わした高レベルの核廃棄物の再処理など、原発は見えないところにお金がかかり続け、それが電気料金に上乗せされているから です。

 さらに、選挙で原発反対の候補と推進派の候補が戦う場合に、推進派の候補が勝つように援助したり、原発のある自治体にお金をばら撒いたりと、他にもたくさんの発電とは関係ないところでお金をかけているのです。

 そしてそれが、やっぱり電気料に上乗せされているのです。


 日本では電力会社を消費者が選ぶことはできません。言い値で電気を買うしかないのです。

 
 ・・・・原子力発電が低コスト????

 これは絶対に嘘だと私は勘ぐっています。

 使用済み燃料のこと、解体費、立地にあたっての様々な賄賂、そして永久に解決しない核廃棄物にかかるお金を考えたら、石油を輸入して火力発電をするほうが安いに決まっています。

 さらに地熱発電とか、これからもっと低コストでできるクリーンエネルギーも発明されるでしょうし、日本の優秀な技術者が本気でやったら、短期間で原発に変わる発電を開発できるはずです。
(日本の技術者舐めちゃいけません。)

 今までクリーンエネルギーの開発が進まなかったのは、助成金の多くが原発に流れていただけだから、と私は思っています。
 フクイチやもんじゅや、核のゴミなど永久的な問題もあるけど、これからの日本の新しい電力に、私は期待もしています^^


関連記事→読書感想文:『プロメテウスの罠~明かされなかった福島原発事故の真実』

プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
(2012/02/28)
朝日新聞特別報道部

商品詳細を見る


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。