自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
読書感想文:『プロメテウスの罠~明かされなかった福島原発事故の真実』
きっかけはJohnにいつも口で負けてしまうことから、(彼は常識とか理詰めで説き伏せてくるので私はいつの間にか丸めこまれて?いる)、賢くならねばと奮起したことでした。
つまり、暇な時に図書館で興味のある分野の本を借りて来て、知らなかったことやわかったことをさらに暇な時にノートに書いているのです。
(あたしって賢い!!天才!!!)

で、どうせなら私がわかったことを他の人とも共有しようと思った訳です。政治的なこともあるので注意深くならざるをえませんが。

今回紹介するのはこの本です!

『プロメテウスの罠~明かされなかった福島原発事故の真実』
朝日新聞特別報道部=著 Gakken 2012.3.26


プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
(2012/02/28)
朝日新聞特別報道部

商品詳細を見る


第一章 防護服の男
…浪江町の避難所に集まった住民たちを主人公に、3月12日からどう過ごすことになったかを取材しています。

第二章 研究者の辞表
…放射線衛生学の専門家木村真三氏を中心に、彼の友人の報道人や大学教授たちを取材しながら、地震の直後から任意で放射線を観測した人々が居たにも関わらず、多くの人々が測定した放射線が国民に知らされなかった経緯を書いています。

第三章 観測中止令
…世界規模で半世紀以上も放射能観測をしている、気象研究所が、気象庁から2011年3月31日に突然放射能の観測を止めろと言われました。
早急に放射線の観測をしなければならない箇所が増えたため、明日から予算を回せないというのが理由だったそうです。
また、研究所の専門家たちがネイチャー誌に海洋の放射線量の推移を発表しようとした時、所長から潰された事実も載せています。
放射能の観測は、研究者たちの意地によって続けられ、現在は予算は下りているそうです。

第四章 無主物の責任
…広島でご自身も被曝しながら被曝者の治療にあたってきた、肥田俊太郎医師に取材し、内部被曝の可能性を書いています。
肥田氏は、「これから福島で、広島や長崎と同じように苦しむ人々が出てくる」と断言していました。

第五章 学長の逮捕
…チェルノブイリ事故の後、被爆者たちを解剖し、放射性物質の身体への溜まり方を調べた医師に取材しています。
ウクライナにも取材に行き、内部被曝を減らすためのウクライナの取り組みなどを紹介しています。
(ウクライナと日本の食べ物の基準を比べると、日本は相当甘い。)

第六章 官邸の五日間
…ネットのレビューでも最も評価が高かった記事です。3月11日からの混乱ぶりを赤裸々に暴き出しています。
対策本部にフクイチの地図すらなく、保安院のトップたちが テレビと記憶を頼りに情報を集めていたとか怖すぎです。


この本は、朝日新聞の長期連載を書籍化したものです。
詳しくは各自で読んでもらうとして、私がこの本から分かったこと。

1、なぜSPEEDI(放射性物質拡散予測システム)が活用されなかったのか?

原発事故の対策本部は、現場に構えられると防災マニュアルに規定されています。SPEEDIを使って避難区域を決めるのも現地対策本部です。
実際フクイチから5キロの地点で作られはしたものの、通信回路の途絶や余震によって、要員も集まりませんでした。そこで保安院は経済産業省別館にて対応センターを作り、SPEEDIで拡散予測図を作っていました。

一方そのころ、官邸は官邸で、現地対策本部が機能しない以上、自分たちが避難区域を決めなければならないと考えていました。
首相の周りには保安院のトップたちがいたにも関わらず、誰もSPEEDIのことを進言した人はいませんでした。

そして官邸対策本部は、原発から同心円上に避難区域を設定し、経済産業省の対策チームよりも先にそれを発表してしまいました。
その結果、20キロ以上の場所へ逃げた人々も多くが被曝してしまったのです。

アメリカが日本政府よりも先にSPEEDIの結果を知っていたのは、日本の外務事務官を通じて放射能の拡散予測をメールでもらっていたからです。
その頃日本政府は130億円もかけて作ったSPEEDIの存在すら知らぬまま、場当たり的に避難区域を作り、大慌てでベントをしてしまったのです。


2、菅首相がフクイチへ視察に行ったから、ベントが遅れて爆発した?

これは単にネットで言われる個人的見解ですが、実際どうなのかなぁと思っていました。
実際は、原発で起きている情報が全く入って来ず、(首相は原発の爆発をテレビで知った)、保安院長の寺坂氏は経済学部出身であるなど、周りの官僚たちも頼りになりませんでした。首相は自分の人脈から、信頼できる人を集めて対策本部のメンバーにしました。
痺れを切らした首相は、現地で何が起きているのか責任者と話すために、ヘリでフクイチへ向かいました。

ベントがなかなか出来なかったのは、ベント弁を開くための電源が喪失していて、手動で開けなければならなかったのに、線量が高くて人が近づけなかったためです。実際、ベントを開けに行った決死隊の一人は100ミリシーベルトを浴びています。(その後どうなったんでしょうか……)

原発事故は誰一人として想定していなかったため、重要なポストを占めていた人々は原発に詳しくない人も何人かいましたし、そもそもの危機管理体制がまったく整っていませんでした。
あの時の、枝野官房長官の楽観的発表は犯罪だと思います。
(この本では、官邸の対策本部が、放射能の危険性やどれだけ放出されるかなどをわかって対応していたのかどうかは不明)

私は、人間が原発を扱う以上、これから先も世界各地で事故は起こると思っています。
そして危機管理能力の欠如や隠蔽体制は、日本やソビエトだけではないと思っています。

そしてフクイチはまだまだ危険なままです。

放射能に汚染された冷却水の処理、海水を注入した原発の腐食、これから難しくなるであろう専門家の確保、高濃度放射線に阻まれた破損した格納容器、そして使用済み燃料が1500本以上残ったままの四号機。

なんか私たちは最近は原発のことを考えなくても生きて行ってるけど、危険はちっとも減ってないんですよね。

今回の教訓が、これから先の日本で、絶対に絶対に、活かされますように。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

爆発せんでも原発は危険よえ!
「プロメテウスの罠」って、今でも朝日新聞朝刊に連載しゆうやつやろ?
いつも横目で見ながらシカトしてました。
だって、今更「関東および東北地方に放射能が飛び散りました!」って聞いたところで、もう遅いっちゅーの!!
1986年に当時ソ連のチェルノブイリ原発が爆発して、ジェット気流に乗って、遥か遠い日本まで放射能が飛んできた時に、あれだけ「原発はヤバイやろ!」って広瀬隆らが忠告したに、「日本の原発は安全です!」一点張りで押し切ったがよ!電力会社も当時の政府も自民党も!
福島県の放射能危険区域全部をホンマに除染出来ると思ってるんやろうか?当の福島の人達は。
早速「偽装除染」の記事がニュースになっちょるけど。
でも、福島県がふるさとの人らに「貴方達の故郷は全部除染しきれないから、放射性廃棄物の処分場にさせてくれ」言うたら、ブッ殺されるやろねぇ。
かといって、他の県が受け入れるとも思えんしねぇ。
たとえ爆発しなくても、廃棄物だけでも危険やし、それだけじゃなくて日常的に原発内で作業している下請け会社の人達や、周辺の住民にも甲状腺の病気が発症しゆうの聞いたことあるよ。
原発パチパチパンチ | URL | 2013/01/15/Tue 23:00 [編集]
>原発パチパチパンチ☆
真摯なコメントありがとう!
すごく丁寧なコメントに、「これは真剣に返事しなければ!」と推敲してるうちに
時間が経ってしまいました。

正直、私の言いたいことをすごく的確に書いてくれてるから、
これ以上付け加えることがない(笑)

原発の闇はほんま深いよね。
下請けの作業員たちは、労働組合にも入ってないから、
もしのちのち白血病や癌になっても何の保障もされんがよ。

原発は本当に必要悪なんやろか?
働く人の生命を脅かして発電を保ってるやり方を、受け入れていいんやろか??

そういうことをゆう人たちは、日本の技術力を舐めてると思う。
日本人が本気になったらクリーンエネルギーなんか何ぼでもできるに決まってるやろ!!
そういう開発の予算が、今まで原発に回されてたからできんかっただけ。
アカネ | URL | 2013/02/17/Sun 18:27 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。