自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
チャリこいで死によった
今年の目標「早寝早起き」も仕事開始から四日目で早くも破れた茜です。
「約束とパイの皮は破るためにある」って何処の国の言葉やったっけ?(ー ー;)

しかし、まだ早起きの熱意に燃えていた頃、私にはある企みがありました。

それは、朝 車で50分かかる通勤路を、自転車で行きたい!!
自転車道なら信号もないし、平坦だから早いハズ!!
ガソリン代もいらんし体力もついて冷え性バイバイで健康になれる!!
海沿いの自転車道めっちゃ楽しそう!一体どんな景色が私を待っているのかしら!?
もう行くしかない。
他に道はない。

というわけで、行って来ました新年早々!!

私はいつもより30分早く家を出、(片道50分かかっているのは渋滞しているからで、夜だったら30分で行ける)、朝も早よからおにぎり作って洗濯も洗い物も済ませ、ご機嫌で自転車を走らせました。

その自転車というのが、これです。


友人が彼氏にもらったものやけどさらに私にくれたとゆう、六段変速のオシャレな自転車。
タイヤの小ささは心配ですが、
「タイヤが小さいから漕ぐのに力いらんし、変速ギアもついちゅうきスイスイ進むきママチャリよりこっちの方がいいで!」
とゆうJohnの激励により、私は意気揚々とヤス2号を漕ぎ出しました。
(ヤスヨちゃんにもらったからヤス2号)

道に迷うというトラブルもありましたが、なんとか自転車道を発見。
その後は薄気味悪いトンネルを通ったり(廃墟マニアの私としては涎モンのスポット)、
木々がトンネルのように覆い被さった並木道、
台風の時はもろ波にさらわれそうな広々とした浜辺、
薄暗い松林の中、
海も国道も見下ろせる橋の上、
春になったら桜が満開になるにちがいない桜並木…

など素晴らしい景色が次々と繰り広げられていきました。

ところが、私は直ぐに気づきました。

「タイヤが小さいと、遅い。」

始業時間まであと30分しかないのに、私はやっと半分のところに来たぐらいでした。そしてここまでに一時間かかっているのです。

さらに、わかってきました。

坂道でギア変えて軽くしても、その分いっぱい漕がないかんわけで、一番ローにして立ち漕ぎした方が早い。

つまりママチャリでえい。


このヤス2号はこいでもこいでもちょっとしか進まんし、もどかしくてたまらない。
そうこうするうちに始業時間を悠に超え、結局着いたのは20分も遅刻してから。
一時間半で行けると読んだ道は、なんと1時間50分。
当然尻は痛いし、太ももはパンパンやし、膝はガクガクで疲れ切っていました。

そして帰りもこのしんどさが待っている………。

職場のヒーローになる筈が笑い者になり、親方には「二時間あったら東京へ行ける。」と鼻で笑われ、日没が迫る中孤独に帰路に着いたのでした。

夕暮れの海を渡る鳥の隊列、綺麗やったなぁ……。



そして脳裏に響くはJohnの声。

「タイヤが小さいと漕ぐのが楽だからママチャリよりえいで。」
「ママチャリよりえいで。」
「えいで えいで えいで……」

嘘つきーーー!!!!


でも私は思うんです。

ママチャリやったら、1時間半で行けるろう、と。
家にJohnが分解したママチャリが転がっているんです。これをまた組み立てれば……。

私はまだ諦めないッ!!

I'LL BE BACK SOON.......
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いやいや!
変速機使いこなしてないんじゃ・・・?

「スピードがのった平坦な道や下り坂はギア上げて~」
って話したら「?」ポカーンとしとったやん・・・。
漕ぐのが楽なのは間違ってないはずですよ?
John | URL | 2013/01/12/Sat 22:12 [編集]
面白かった~(#^.^#)
今回もわくわくして読ませていただきました\(^o^)/
ホンマにアカネさんの文章は、起承転結がはっきりしてて面白い!!

だけどホントに、諦めるには惜しい素敵な自転車道ですよね~(*^_^*)
ぜひ頑張って自転車通勤続けてください!!
まる | URL | 2013/01/14/Mon 06:21 [編集]
>John
ギア上げるって??
1~6まであるギアの、どっちにしたら上げることになるが??
アカネ | URL | 2013/01/14/Mon 14:16 [編集]
>まるさん
おもしろがってくれてありがとうございます^^

景色もさることながら、
つわ蕗やチャーテ(高知では野生化している瓜で私の好物)の茂みなんかも見つけてしまいましたから、食糧確保にまた行かなくては~!!!^^
アカネ | URL | 2013/01/14/Mon 14:21 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。