自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
甘柿de干し柿☆

庭の柿がヤバい。

ウマすぎる。

シャクシャクの硬い柿を食べる→「うんまぁ~!!」

ふやけた柔らかい柿を食べる→「うめえぇぇぇ~!!」

というわけで、一日に4個も5個も食べています、皮ごとです。

けれどさすがに食べきれないので、干し柿にしてしまうことにしました。甘柿を干し柿にできるのかですって??
できるんですよ。
ネットで調べてみたところ、実際やってる人もいましたし、甘柿と渋柿の違いは“タンニンが水に溶けているか否か”。つまり、タンニンの状態によって渋みを感じるか、感じないかというだけなんですって。


そんなわけで、最近は朝10分ほど庭で柿を採ってから、夜寝る前に皮を剥いて湯通ししてから干す、というライフサイクルです。
たくさんあるので、数珠のように一度に数個干しちゃうことにしました。



干し始めて2週間、最初に干した柿が柔らかくなってまいりました。さっそくモミモミ…(揉むと柔らかくなるんだとか)

モミ・・・モミ・・・モミ・・・
あん♡ キモチいい♡♡

この手触り気持いい♡♡♡

と、何気に興奮(?)する私。

どれ、食べてみちゃおう。

・・・・美味しい!!!!
この甘み、このトロみ、この食感は、まさに渋柿の干し柿!!!

と、味見でさらに大興奮。

実は柿はぐのだいぶ飽きかけてきてたんやけど、またスイッチが入りました☆
実家にシュロの木が植わってるんで、オーガニックマーケット世話人の広瀬さんに教えてもらった方法で、シュロの紐で干すのもやってみよう(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2012/11/28/Wed 15:06
© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。