自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お花見ごはんの作り方☆
時期をだいぶ外してしまいましたが・・・。

せっかくなので桜の塩漬けを使った、お花見にぴったりの料理を紹介いたします^^

まず最初は、「さくらの散らし寿司」
参考にしたレシピはこちら→http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1940004385/



桜の香りと色を楽しんでいただきたいので、シンプルに作るのがいいですね。
材 料 (4人分)
米                     2合
水(通常の水加減よりも少なめ)  300~400cc
桜の花の塩漬け            12個
だし昆布                 1枚

A(すし酢)

酢      80ml
砂糖    大さじ3
塩     小さじ1/2
生姜    少々
胡麻    少々

B(錦糸卵)

卵      1個
塩      少々
油      小さじ1/2

〈作り方〉
1 といだ米を炊飯器にセットし、だし昆布を乗せ通常の2合炊きより少し少なめに水を加えて炊飯する。

2 桜の花の塩漬けは、水を張ったボウルで塩抜きする(15~30分程度目安)。

3 すし酢を作る。<A>の調味料はボウルに全て合わせてよくかき混ぜておく(砂糖は完全に溶けなくてもOK)。

4 錦糸卵を作る。<B>の卵をボウルに割り入れ、塩を加えてかき混ぜたら、油をしいたフライパンで薄焼き卵を作り細く千切りする。

5 塩抜きした桜の花の塩漬けはキッチンペーパーで水気を取り、飾り用に4個取り分けておく。残りは軸を取り除きみじん切りにする。

6 生姜をみじん切りにする。多すぎると生姜の風味が勝つので、少ないかな?と思う量。

7 炊きあがったご飯をボウルに移し、5の桜の花の塩漬けを加えて全体に混ぜたら、3のすし酢を2~3回に分けてご飯に混ぜる。生姜のみじん切りと胡麻も合わせて混ぜる。

8 ご飯の上に4の錦糸卵をのせて、取り分けておいた桜の花の塩漬けを飾ったら完成。
(青物がなかったので乗せませんでしたが、絹さやなどあるとさらに美しいです*^-^*)


桜のえもいわれぬ崇高な香りが口にいっぱい広がって、お花見にぴったりです。


お次はスイーツなぞ。
この本の桜餅のレシピを丸写ししました☆
「桜餅」

花を味わう~散歩で見つけた!摘み花レシピ~

この本、写真も美しくて、お料理もおいしそうでとってもおススメです^^

〈材料)約16個分

薄力粉       150g
白玉粉       40g
桜の花の塩漬け 30個
グラニュー糖   50g
水          300ml
あんこ       400g
サラダ油      適量


1、桜の花の塩漬けは10~20分ほど水に浸け、塩抜きする。飾り用の花16個を残してあとは細かく刻む。


2、ボウルにグラニュー糖と薄力粉を入れて混ぜ合わす。

3、別のボウルに白玉粉を入れ、分量の水を少しづつ加えてダマにならないように溶きのばす。

4、③を②のボウルに入れて泡だて器で滑らかになるように混ぜる。20分以上休ませる。

5、弱火で熱したフライパンに薄く油を敷いてふき取り、④の生地を小さい玉じゃくし一杯ほど流しいれ、楕円に形を作る。
fc2blog_20120419200343954.jpg


6、蓋をして弱火でゆっくり焼く。

7、両面に火が通ったら取り出し、裏側にあんこを乗せる。くるっと巻いて完成♪



fc2blog_20120414230111a5d.jpg


桜の香りとあんこの甘味が絶妙です!
和菓子が苦手な人にも喜ばれると思います^^
(完成した写真では、両面を焼いたので表側もやき色がついてしまいました。表側はきれいな方がいいので、ぜひ裏返さないで蓋をして焼いてみてください。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。