自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
酷暑の稲刈り
今年も酷暑の中、稲刈りの時期と相成りました。
早生植えが主流のこの辺では、何処もかしこもコンバインがフル稼働で、昨日までこうべを垂れた稲穂が広がっていた田んぼが、いつの間にかきれいさっぱり更地になっていたりします。
稲を呑み込みながら田んぼを縦横無尽に走り回るコンバインは、戦車のような迫力です。
私は、轟音を轟かせて稲を一網打尽にするコンバインを、巨神兵と呼んでいます。

さて我が家では、コンバインは使っていません。バインダーという一昔前に主流だった刈り取り機を使っています。

稲刈りの流れは、

田んぼの四隅を、バインダーがターン出来るように刈っておく。

バインダーで二条ずつ刈り取る。機械が稲を束ねて押し出してくる。


バインダーをストーキングし、束を広げて地面に干す。

刈り残した所を手刈り。

手刈りした稲を束にして藁で縛る。

広げて干す。

午後から干した稲束を裏返す。

次の日のお昼に、脱穀機を田んぼへ連れて行く。

稲束を数カ所に集めていく。

脱穀していく。

わら束を10束ずつ紐で縛る。

落ち穂拾い。

籾を集めて軽トラに積み込む。

これ、ぜ~~~えんぶ炎天下にするわけです。
私は一日目は熱中症になりかけました。休憩の後、立ち上がったら頭が痛くなって....。
梅干しと水分をしっかり採ったのが良かったのか、午後から田んぼに出てたら何時の間にか良くなってましたけど。


田んぼで、トノサマガエル発見。




今年は日照りに恵まれ、脱穀機もヘソ曲げることなく順調に終わりました。
Johnも手伝いに来てくれ、熟れてなくて刈り残した所もありますが4日で終わりました。

今年もこれで安泰です
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。