自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今年もまた空蝉。
 最近はまってることは庭の草引き、アカネです。
 こんばんは。
 
 夕方、草引きで一汗かいた私が家に入ろうとすると、サチコが何か前に進むカニのようなものをおいかけていました。つまりそれはセミの幼虫でした。
 去年も同じ時期に庭でセミの幼虫を見つけ、台所で羽化を見守りJohnと感動したことがありました。(空蝉

 あのときのセミよりもお尻が細長くとんがっていて、違う種類のようです。
 私は嬉々としてセミを家の中に連れ込みました。
 
 また台所で羽化させようかと思いましたが、今年はサチコがいることだし、窓から逃げ出す前にサチコに襲われたりしたらかわいそうです。そこで二階に連れて行って羽化を見ながら夕飯をとることにしました。
 私が超・超・超お気に入りの本、『近所の虫の飼い方(1)』によると、セミは20時~21時の間に最も羽化をするそうで、確かにこのセミの背中が白く盛り上がり割れ始めたのも、20:04でした。



 丸く盛り上がった背中が出た後、黒い目がついた頭が出、えびぞりになって前足が出てきました。そのままぐぐっと仰け反り、逆さになったまま休み、やがてまたゆっくりと起き上がり始めました。
 ここまでは順調でした。
 最後、尖ったお尻が殻から出たそのとき、殻にしっかりとしがみついていなければならない前足が、空をかきました。非常に不安定な姿勢になってしまった次の瞬間、セミはなんと本棚にかけてある布から落ちてしまったのです!!!!

落ちた場所は立てかけてあるファイルの上。すぐさま拾い上げて殻に掴まらせようとしましたが、柔らかい蝉の前足はうまく殻につかまることができないようでした。
左前足一本で必死に布にぶら下がっている蝉。非常に不安定で危なっかしい。

ああ、神様。
この小さな虫にどうか力を与えてやってください。
いのちの小さな煌めきを、予期せぬ失敗なんかで消さないでください。

必死で布にしがみついている間に、蝉の羽はゆっくりと伸びていきます。
けれど、左の羽は上手に伸びません。
右の中足は反対側に折れ曲がっています。
その下の後ろ足もなんだか弓なりに曲がってしまっています。

蝉は、自分の身体に起きた重大な問題を知りながら、けれど必死で布に掴まることしかできないので、精一杯羽を伸ばしていました。
僅かな油断が、ちいさな失敗が、生死を鍵を握っている。なんの罪もない小動物さえ、すでに容赦なく自然の世界では淘汰されていく。私は三畳の小部屋で起きた現実に圧倒されていました。

蝉の身体は少しずつ色づいていきます。
羽はまだ歪んだまま。
蝉はこれから待っている自分の運命を知っているに違いない、そう思うと可愛そうでなりませんでした。




次の日、蝉はゆがんだ羽と足のまま固まっていました。
二階から放ってやりましたが、飛ぶことができずコンクリートに落ちました。

近所の虫の飼いかた〈1〉アゲハ・アリ・テントウムシほか (虫の飼いかた・観察のしかた)近所の虫の飼いかた〈1〉アゲハ・アリ・テントウムシほか (虫の飼いかた・観察のしかた)
(1998/11)
海野 和男、高嶋 清明 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
page top
ジャガイモ掘ったけど、腐ってた。
三連休、みんな何をしましたか??
素敵なところへ行きましたか?^^

私は腐ってました。

かろうじてジャガイモ掘りました。
茎は完全に枯れて、溶けてるのもありました。ほんで、茎が溶けた株は、確実にジャガイモも腐ってました。
あと一週間早ければなぁ~~~~。
できは例年通りだったのですが、1/5は腐ってたぁ。

茎が枯れかけたら掘る!!

学びました。




(今日のサチコ:サチコに首輪買ってあげたけどまだでかかった~~~^^)
page top
ぬか漬け遍歴
梅雨もなんだか最近は終わりを感じさせるお天気が続いてますね☆

今回は我が家のもう一人(?)の一員を紹介いたします。

サチコーーーー!!!!


ではなく、糠床です。
ぬか漬に挑戦したのは去年から。
古漬けが好きなJohnのために、漬物が上手な女性への憧れから、そして日本の食文化を護るという大和魂の炸裂の結果、やってみたのはいいものの夏場にカビて捨て、そしてまた今年の春からリベンジしてます。

実家のお米をついた後の糠を炒るところから初め、捨て漬けを経て、ちゃんとぬか漬になりました。
ぬか漬の変化を時系列に綴るとこうなります。

・おいしくできて、John喜ぶ。
 ↓
・4月、タケノコが大量に。ぬか漬にしてみたところ、糠床が瞬く間にアルコール臭に!
 タケノコも他の漬物もアルコール臭くって食べれたもんじゃない!!
 ついに諦め、タケノコを捨てるとすぐに元通りに。
 ↓
・旨味用に入れていた昆布を食べてしまったところ、何日浸けても糠臭いだけのおいしくない糠床に。
 また昆布を入れたら復活!
 ↓
・6月、ナスやらキュウリやらをせっせとつけていく。
 野菜の水分が出てだいぶ糠床がやりこうなっていく。
 糠床のにおいもだんだん強くなってくる。
 ↓
・糠床って臭いもんやし、ちゃんと醗酵しゆう証拠!と必死に自分を鼓舞するも、だんだん耐え難い臭いに。
 Johnに「うんこの臭いがするね」と言われる。糠床を励ましながら混ぜる日々。
 ↓
・うんこの臭いが下痢へと変わった頃、やっと気づく。
「こんな食べ物あるかーーーーーッッ!!!!どんな伝統文化じゃい!!!!」


という訳で、私は観念して失敗の原因と治療法をネットで探しました。

このサイトがおススメ。
↓ ↓ ↓
ぬか漬け

【まずいぬか漬け】
 失敗したぁと思ったとき、何か気になることはありませんでしたか?うまみの増やし方と正反対のことをすれば立派な失敗作のできあがりです。

 1. ぬかは気がむいたときにしか、かき混ぜません。
 2. 野菜を加えているので、特段新しいぬかは補充しません。
 3. 冬場に仕込んでいるので、気温が連日15度を越えるようなことはありません。
 4. 健康のため、塩分濃度は低くしているので、ときおり白い膜がついてツンとくる異臭もします。
 5. 野菜から出た水分で、ぬか床は常にべちゃべちゃしています。

このどれかひとつでも当てはまったら、あなたのぬか床は「おいしい漬け物ができないよう」と言って苦しんでいるかもしれません。

 
あのう・・・・。

ほ ぼ 全 て 当 て は ま っ ち ゃ っ て る ん で す け ど 。

あたしのことかコレ???

と、言うわけで、新しい糠を買って来て、塩も足して混ぜてます。
臭いはマシになったけど、糠を食べてみたら後味が「もわっ」とするカンジです。
しばらくは野菜のクズで捨て漬けをしないといけません。だから野菜を漬けてみて、ちゃんと復活したのか否かを知るのはもうちょっと先です。

これから毎日頑張って混ぜてやりたいと思います。
またどうなったかレポートしますわい。
© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。