FC2ブログ
自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
高知探検隊☆
6/16.17と、香川から親友が来てくれました
彼女は、こんな私を親友と言ってくれる超天使な人。めっちゃ天使。結婚式のスピーチも喜んで引き受けてくれた挙げ句、当日は感極まって涙ぐんでくれる、もしかして天使よりもピュアな人であります。

16日は土砂降りの中旦那さんと来高。
かなりマニアックなファミレス、“ゆず庵”でお昼ごはん。

その後、親友の同級生が“土佐おもてなし勤王党”員になって、歌って踊って高知をPRしているというので、高知駅のステージへ。
ちょうどよさこいの踊り子隊もおって、よさこいと勤王党のステージを両方見ることができました。

おもてなし勤王党

おもてなし勤王党

おもてなし勤王党とは何ぞや??とお思いの皆さん。

2年前の『竜馬伝』を機に、いろいろ観光スポットが盛り上がったわけですが、その一つとして生まれたご当地アイドルです。オーディションで選ばれた6人が、高知城や竜馬伝の撮影セットが展示してある会館を案内したり、イベントに出かけて行ったり、毎土日は三回ずつステージショーを披露しています。

私見るのは初めてだったのですが、意外におもしろかった!

実はなめてました。
もう二年目になるし、一日3回やりゆうし、もうマンネリ化しちゅうがやろうな~って。
ところがどっこい!!

彼らのダンスや演技は真剣そのものだし、アドリブ満載のトークはおもしろかったし、何よりも一人ひとりの客と向き合おうとする姿勢を強く感じました。
CDを買いに来たお客さんに話しかけて退屈させんようにしたり、県外から来た人には、その県の話題をふったり、目を見て話したりするところなど。
ステージが終わった彼らは汗ぐっしょりで、自分の役になりきってる彼らに、
「土日に結婚式とか葬式が入ったらどうしてるんですかぁ?」
「平日は何をやってるんです??」
「その髪、地毛ですかぁ??」
なーんて聞けませんでした!
空気の読めんあたしでもムリ。

で、その後彼らのブログ読んで見たら、みんな個性派ぞろいでおもしろい!
忙しそうだし、仲よさそうだし、どの記事でも高知のPRに繋がることかいてて、日々意識してるんだろうなぁと感じる。
ブログから成長を感じれるし、真剣に頑張ってるから、応援したくなる。

AKBの最初のファンも、きっとこんな感じだったのかも?♪って思いました♪♪


高知の軍艦島、沢田マンション

次は、せっかく市内まで出てきたので、帰り道にある沢田マンション(Wikiペディア)へ行きました。

沢田マンションは、実際に人が住んでいるので観光情報には載っていないのですが、知る人ぞ知る穴場なのです。
オーナー夫婦が手づくりしたというアパートで、ひときわ異様な迫力と雰囲気をもって聳え立っています。
写真撮影が禁止だったので、人のブログから写真を拝借。
沢田マンション外観

木は生えてるし、巨大なスロープがあるし、周りには打ち捨てられたタービンのようなものがいっぱいで、いかにも妖しい雰囲気。しかも内部は増築を重ねて、「え!こんなことろに階段がある!」「ここにも部屋がある!」「これ地下室?」みたいな、不思議な空間なんです。
私から見て、このマンションのすごい所は、なんと屋上に畑と池があること。

沢田マンション屋上

鶏も鳴いてるし、猫も犬もいるし、困ったら住民や大家さんみんなで助け合う暗黙のルールがあるのも伝わってくるし、何かマンションに不都合があったら、住民の意向を汲んで手直しもしてくれそうだ。
なんか、「フツー」っていう概念をぽーんって越えたところで、このマンションの住人達は生活しているのだ。

Johnは、「五感が刺激された!めっちゃ楽しい!!」と大興奮で、私は、自給自足ができるここのマンションに、未来建築の姿を見た思いで胸がズキズキしました。(親友夫婦はびびってました笑)

写真を拝借したブログはこちら→http://http://sazanami.net/20090704-sawada-mansion/


老舗和菓子屋 西川屋

夜はうちくで餃子パーチーして、次の日は奇跡の雨上がりに。
先々週Johnとたまたま入って感激した、老舗の和菓子屋に皆で行きました。

なんとこの店、築340年だそう。
バブルの時期はずっと閉まってたので、取り壊しを免れ、古民家が注目される時期に再open

玄関は目立たない感じなので素通りしそうですが、入ってみると奥に広くて、柱や梁なんか昔のままで、三年前に二階を掃除したときに出てきた、殿様からの手紙や安政地震の記録、有名絵師ののぼり旗など、出てきたお宝を展示してあります。

そして、家屋や江戸時代の資料を見て回った後、500円のお抹茶セット。



これらの和菓子の中から一つ、好きなお菓子を選べます。(あともう一つ、二階から出てきた、殿様へ献上したお菓子のレシピを元に復刻した和菓子もあります。)
私は紫陽花を頼みました。



花びらの裏は白いなんて、細かすぎ!
右上の“牡丹”は、中がくりぬいてあって、黄色いおしべが立体的に入ってるんですよなんて素敵
味も甘ったるくなくて、爽やかで優しい味でした。

西川屋赤岡本店のサイト→http://www.nishigawaya.co.jp/akaoka-honten.htm



ちょうどこの日は赤岡の商店街でイベントがあり、地域の人が火起こし体験をやっていました。
こまがぐるぐる回って、まさつで煙が出始め、麻紐をほぐしたものに火口を入れてフーフー吹くと、めらっと炎が生まれたのは感動しました。

この後は近くの紫陽花街道をのんびり歩きました。
親友は、何を見てもどこに連れて行ってあげてもめっちゃ感動してくれるし、私もおもてなし隊や紫陽花街道など初めての場所に行けてすごく楽しかったです。
親友夫婦が相変わらず仲良くて、心から大切にし合ってるのが伝わってきて、とても参考になりました。
会いに来てくれる人がいるのは本当に嬉しいし、ありがたいことですね。
来てくれて、ほんまありがとう!!!!

この二日で、ばっちり充電できました




今日のサチコ ―紐と戯れるサチコ―
スポンサーサイト



© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG