FC2ブログ
自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
ウサギ、ウザイ。
 前回のブログ以降もまだまだ活字中毒で、一週間に4~5冊のペースで読みまくっております。(そして石神との脳内恋愛もまだまだ継続中

 えー、久しぶりに畑の記事を書きますね。
 
 暑くてすっかり畑への足が遠のいていた今日この頃。このままじゃイカン!って思って様子を見に行ってきました。
 太ネギの周りの草を刈って、雑穀をちょっと収穫して(雑穀のこともあとで書きたいと思います)、芋の様子を見に行きました。畝の周りはすでに草の海でした。芋を植えている畝もさぞかし草に覆われているだろうと思いましたが、梅雨の頃にせっせと刈っていたのがよかったのか、それほど生えていませんでした。
 つまり畝は土が剥き出しのところが多くありました。

 あれ。おかしい。
 芋の蔓ほこってないやん。

 怪訝に思った私はムラサキイモを植えていた畝を見て仰天しました。
 あれほどほこっていたムラサキイモの、影も形もありません。


 がびーん。
 がびびーーーーん。

 虫はここまで食べ尽くすことはないし、ムラサキイモはあまり虫が近寄ってきません。

 ウサギに齧られちゅう・・・・!!!!

 実は、ヒガシヤマの蔓も初期の頃よく齧られていたので、穴だらけの鳥獣ネットを被せておいたのでした。ムラサキイモはその頃被害がなかったのと、ネットが足りなくなったのでネットをかけませんでした。
 ムラサキイモは三つの親芋から蔓が出て、オーガニックマーケットに出せるくらい茂っていました。定植した蔓も元気よく育っていたのに、畝中丸裸にされていたのです。

 ウサギはネットからはみ出た部分の蔓も食べ、ネットの上に伸びた葉っぱも齧っていました。



 畝の周りが草もつれなので、身を隠しやすくウサギも来やすかったのでしょう。私は急いで家に帰り、草刈り機を持ってきて畝の周りの草を刈りました。ほんで、納屋からネットを一つ見つけ出し、また盛り返すことを期待してムラサキイモの畝の上にかけました。

 今回の件で私はすっかりウサギ嫌いになりました。
 私は基本的に小動物への愛はなく、以前大久野島へ戦争遺跡を見に行ったときも、餌付けされて近寄ってくるウサギにかまいもしませんでした。大久野島は戦時中は毒ガスを作っていた島で、戦後 環境の浄化具合を調べるためにウサギが放され、国民休暇村となった今では観光客が餌をやったりして可愛がっています。
 私が変電所の前で、蔦に覆われた巨大な廃墟にトリップしているとき、ぴょんぴょんぴょんとウサギが近寄ってきたものでした。でも私が餌を持っていないことを知ったウサギは、露骨に興味を無くして私から逃げていったのです。「食いものにもならないくせに餌を欲しがりやがって」 と、世界で一番性格の悪い私は忌々しく思ったのを覚えております。

 
 さて芋に悪さをする生き物の代表的なヤツといえばコレ。


 葉っぱで自分を隠して、中から食べていきます。葉っぱを開くと、もの凄い機敏さで身体をくねらし茂みの中に落ちてしまいます。こいつをやっつけるには、葉っぱの上から潰せばO.K.


 名前はイモキバガ。
 
 あと、巨大化するスズメガの幼虫とかいます。
 
 今回芋を植えているところは、南は崖で木々が生い茂っており、上の畑は放置されて久しく、ウサギが来るには絶好の場所みたい。ネット張ってどれだけ効果があるか解らんけど、またこの週末も見に行ってみます。
スポンサーサイト



© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG