自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
芋伏せました
件の紫芋のスイートポテト、父に食べてもらえず、みっこにすら嫌がられ、私は益々この醜いスイートポテトが嫌いになっていました。
夕飯時、いつものように、悪魔が乗り移ったハルが叫び続けています。「腹が減ったぞ!はよう喰わせろ!!」と台所の人々にはっぱをかけているのです。

だったらこのスイートポテトを喰わせてやろうじゃないの!

私は障子越しに、ハルの口にスイートポテトを詰め込んでやりました。

えー、説明しておくと妹たちは台所に来るとつまみ食いをしたり、包丁を扱っているにも関わらず袖を引っ張ったり、オカズの上に屈みこんで涎を垂らしたり、一生懸命料理している人の耳元でいがりまくったり、悪鬼羅刹の所業を繰り広げるのです。
ゴッド・マザーの母も、半分以上優しさでできている私もついにブチ切れる有り様。てわけで、料理中は台所から締め出しているのです。
で、妹たちは茶の間と台所を隔てた障子の隙間から台所を伺っているというわけです。


そんな感じでいつものように夕飯が始まりました。
姉から預かっている居候猫のチャコが外から入ってきました。

「ん?チャコ何か食べやあせん!?」

母の声で見てみると、茶の間の絨毯の上でネズミを食べているチャコが居ました。

「嫌!はよう外出してぇ!」
「なんで~?かまんやん。よう獲って来たねぇ。」

母と私の声が入り混じります。

「でもチャコ、絨毯の上はやめてねー。」

私が近づくとチャコはネズミを加えたまま台所の方へ逃げ出しました。

「嫌イヤいや!!!」母が叫びます。
「待ってチャコ、

..........ぎゃあああああ~~~!!!
ネズミの内臓落としちゅう~~~!!!」


と思って茶の間と台所の間の塊をよく見たら。




ハルが食べこぼした紫芋のスイートポテトやった。

まじキライ、紫芋。


夏、バッタを食べるチャコ

(今日トラクター教えてもろうたり芋を伏せたりしたこと書きたかったに、なんか関係ない記事でぶっちぎってしもうた。)
スポンサーサイト
page top
このスイートポテトうわぁ....
こんばんは。
今夜は母がいないので私がもろ自分好みに夕飯を作りました☆

・茎ワカメと厚揚げの炒め煮?
・イカと里芋の煮物?

THE・和食です(*^◯^*)
和食大好き(^^)
ワカメ大好き(^^)
カロリーなんて殆どないじゃんみたいな料理をガッツリ食べるのが好き☆

で、母が紫芋を蒸かしたのを忘れて行ってたので、スイートポテトにしました。
紫芋って、あんまり甘くないし火を入れたらどす黒い感じになるし、結構どう使っていいのか難しい....。
表面をカリッとさせたかったので、溶き卵を塗りました。卵が余ったので結構どっさりかけた。

ほんでテキトーにレンジへぼこーん!
しばらく経ったらピロリロリ~ン☆って言うたので、レンジの蓋を開けてびっくり。

多過ぎた卵の白身が紫色と反応して、緑なんだか青なんだが、よくわからないとにかくキモい色に...。まるで静脈が浮きまくったなんかの塊みたい....。



これには父も恐れをなして、
「みっこに食べさせちゃれ。」
なんて言う始末。いや、人数分あるんですけど....。



え、味ですか?
まぁ美味しかったですよ。
だって砂糖入れたし。
© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。