FC2ブログ
自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
シフォンケーキは裏切らない
 稲刈りの疲れも冷めやらぬ22日、妹が通っている作業所で夏祭りがあったので、スペースを分けてもらってお菓子なぞを出店してきました。
 お菓子作りといえば今までに成功した経験は僅かしかなく、

 苺大福を黒砂糖で作ったら真っ黒な泥饅頭みたいなのができたり、
 生クリームが凝固してて使えず、果物の汁混ぜてカサ増ししたらめっちゃどろどろのクリームが溶けだしたケーキになったり、
 プリン作る時に鍋のカラメル混ぜてたらプラスチックのスプーンが液体になってカラメルと混ざったり、
 モンブラン作ったのに絞り袋が無くてジップロックで代用したらうんこが乗ったみたいなデコレーションになったり、

 失敗の経験は枚挙に暇がないほどです。
 そしてつい先日もやりました、ロールケーキ大失敗、朝4時からの努力は、写真を見れば明らかでしょう。



 それでも今回またお菓子を作ろうと思ったのは、・・・・・他にお店で売れるものがないからに他なりません。

 今回は母の勧めでシフォンケーキを作ることにしました。それと、暑いですから涼菓でも、ということでババロアと今までに何度か作ったことのある生姜ゼリーも作っていくことにしました。

 
 まず最初に、本の通りにココアマーブルシフォンケーキを作りました。
 卵を大量に使うことと、(卵黄5個・卵白7個)本の分量ではココアの色も風味も全く出ませんでしたので、卵は4個にしてココアを増やしました。

 マーブル模様が面白くって、抹茶のマーブルシフォンケーキも作りました。
 
 次にカボチャのシフォンケーキも作ろうとしたのですが、メレンゲが何故か固まらず、失敗作を焼いて家族にふるまいました。

 
 次の日の日曜日は、足りない食材を買いに行き、カボチャのシフォンケーキを作り直し、バナナのババロアを作って冷やし、生姜ゼリーの液体を作ったところで、3時。
 夏祭りのオープンは4時。
 お店の売り子は3時過ぎに現地入りしてなきゃいけません。

 すでに生姜ゼリーを冷やし固める時間は一切なく、めっちゃ慌ただしく準備し、家族で車に乗り込んで出発しました。
 台所に生姜の香りがする液体を残し・・・。


 暑かったし、粉物だし、見てくれも悪いのに、けっこう早い目に完売しました。
 もっと作って行けばよかったです。それと、洋菓子はやっぱり材料費がかかりますね。涼菓の場合はカップもスプーンも買わなきゃいけないし・・・。
 来年は玄米おにぎりとか、酒まんじゅうとかどうかなぁ。




スポンサーサイト



© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG