FC2ブログ
自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
Welcomeboad
 しばらく農業とは無関係な日記が続いていますが、今日も路線ずれまくり脱線しまくりの日記です。
 
 たまたまこのブロ愚を覗いてしまった運の悪い方や、いつも覗いてくれているマニアックな方にまで、私の凄さを教えてやろうと画策いたしまして。


 
 えー、今月姉の挙式があるのですが、なんとか経費を浮かそうとウエディングプラン・ウェアポンの中であがいている姉から、ウェルカムボードを作ってほしいと頼まれました。ウェルカムボードって、式場の前に飾る案内板みたいなもんです。

「えいよ。ま、あんたと旦那の顔拓でいいやろ。」

 私は姉夫婦の顔中に墨を塗りたくり、思いっきり紙に押しつける様を想像して、わずかなS心を満足させていました。
 ところが、二人揃って実家にやってくる機会がなく、姉も何故か気が進まない様子だったので、次に私は似顔絵を描くことに決めました。
 姉がまた特徴のない顔で、旦那がまた特徴のある顔なのです。

 ところが、私が書いた旦那さんの似顔絵は、やっぱり姉が何故か気に行ってくれなかったので(「○○(旦那さん)が可哀想」)、また構想を練り直しました。


 そして、普段木工所に行っている環境を使わせてもらって、木工でウェルカムボードを作ることにしました。
 親方に相談すると快諾してくださり、いろんな色の木を製材してくださいました。(唯で!!)


 で、自然が大好きな姉のイメージと、主に子供用のおもちゃや可愛い生活雑貨を作っている木工所のイメージと合わせて、「テントウムシのサンバ」とか「親指姫」に出てきそうなシーンを思い浮かべて、時間外にこんなの作ってみました☆★☆



 途中、左側のデザインがどうしても気に入らなくて、(ユリの花の勢いを上からホタルブクロが押さえつけている感じになって)修正しようもないし悩んだりしたんですけど、快く材料を提供してくださり、出来栄えを見守ってくれた親方夫婦の存在のおかげで、その後もなんとか作り続けることができ、作り終わった後は納得できるものになりました。




 ところで、私花言葉なんて全然調べてないです。(誰が決めたんだ?)
 だからもしここで使ってる花の花言葉が超デス系やったとしても、もー知らん。







 と、言う訳で、今回は「あたしってスゴイ」って言うためだけの日記でした♪
 
 
 次回から農作業のこと書きます。
(まだまだネタがあるんで、やっぱムリか・・・。)
スポンサーサイト



© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG