FC2ブログ
自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
カラスに負けるな!
 こんにちは。
 ここ最近は、雨やったり、雨が降ったり、曇ったり、雨やったり、と天に呪われているのか、私は!って思うくらい休日と平日の休みも雨に降られっぱなしでした。
 
 さて、収穫がもうそろそろのウスイエンドウのことを書きます。
 一昨年母が植えていたエンドウの枯れ枝に残されていた豆を保存し、ポットに蒔いてみたのが去年の秋。
 発芽率よく芽を出し、

「ウスイかな♪スナックかな♪」

 と楽しみにしながら定植し、成長を見守っていました。結果はどうやらすべてウスイエンドウのようです。
 ちなみにツルが出だした頃に、ネットを張ってあげたのですが、その後の成長は以下の写真のようになりました。

父とエンドウ


 右はじはネットが足りず、父が竹で手をしてくれたエンドウです。
 二月に強風が吹き、ネットに巻きついていたエンドウはほとんど倒れ、根元が黄色くなったり、うどん粉病のように葉が白くなったりしました。その後徐々に持ち直し、現在はたくさんの花実をつけてくれているわけですが、竹で手をしたエンドウは強風に倒れることなく、病気らしきものもなく、人間の背丈よりも大きくなって、明らかに生育が違います。
 ネットは一面だけなのに対し、四方に枝が伸びている竹は、多くのエンドウのツルが巻きつけたので、自らの重みに倒れることなくぐんぐん成長できたのでしょう。
 来年からはエンドウには竹を使います。タダやし。

 
 さてさてそんなエンドウですが、最近見に行ってみると、ゆゆしき事態が持ち上がっていました。

食い散らかされたエンドウ

 まだ収穫前の膨らんだエンドウを、鳥がめちゃめちゃ食い散らかしていたのです
 最初は、まぁいっぱい植えちゅうし、少々やったら鳥に食わしてやってもいいわ、ぐらいに構えていたのですが、被害は日に日にひどくなるし、どんどんエスカレートしてきて、エンドウの根元を踏みつけて、豆を漁り始めたではありませんか。
 通りかかったおじさんの話では、カラスが三羽飛び立つのを見たとのこと。

 さっそく父の協力のもと、防鳥ネット&寒冷紗&カラスの死骸レプリカなどを駆使し、ネットを張り巡らせました。
 どどーん

 これでカラスや鳩対策はばっちりです☆
 
 でも、ウサギは防げないな・・・
スポンサーサイト



© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG