自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
映画 『ゆずり葉』
 書きたいこといっぱいあるんやけど・・・
 とりあえず、今日観てきたばかりの映画のご紹介

 全日本ろうあ連盟創立60周年記念映画『ゆずり葉

 私が大大大大尊敬する友人・K子のお薦め映画でした。
 彼女は、まさに努力の人。現代版・女二宮金次郎
 障害を持つ学生の学業支援としてノートテイクのアルバイトをするうち、手話を身につけ、落語の通訳をするまでになった、努力と根性の人なのです。
 そんな彼女のお薦め映画なのですから、見ない訳にはいきません。
 それに私も学生の頃は、聴覚障害をもつ学生と肩を並べて勉強してたってのもあり、手話とか聴覚障害とかには関心があるんです。

 
 映画の前に、主催者の挨拶がありました。
 現在、高知県のろう学校に養護学校を併設するお達しがあり、当事者抜きで決められた決定に、ろうの方々が非常に戸惑っているとのこと。その反対署名を兼ねての上映でした。

 
 さて映画ですが、凄くよかったです。
 ストーリーは、現在の若いカップルの恋と、もう一人の主人公の過去の恋の思い出が交差していくカンジなんですけど、これがまた巧みです。
 登場人物の人生が何重にも折り重なっていて、深みのある内容です。いたるところに伏線が散りばめられていて、「こうなるのか」って唸ることしきり。泣かせ所もいっぱいあり、会場は涙涙でした。
 
 
 私は手話という言語が好きです。
 空間に絵を描いているようで、美しいなぁと思います。
 表情や身体表現の豊かさも、割と表情の乏しい私には学ぶことも多いです。

 そして、この映画をグッとアツいものにしているのが、手話なんです。
 誰が本当のろう者かわからないくらい手話での会話が多いのですが、身体の使い方、表情なんてのがすごい迫力で、役者さんたちが全員熱演で、それがものすごく響いてくるんです。
 気づけばものすごく引き込まれて、私もハイライトでは泣いてしまいました。


 ちなみに、SPEEDの今井絵里子、ヒロインで出演してるんですが、実際に子供の耳が聞こえないんだとか。当初は歌手としての自分と、子供との間で苦しんだそうですが、子供のために手話を覚え始めた・・・って話を以前聞いてたので、そういう背景を想像しつつ、さらに感激がひとしおでした。
 

 うまく紹介できたかわかりませんが、皆さんも是非お近くで上映があったり、ビデオ屋でDVDを見つけたりしたら、観てみてください!!
 きっと熱ーい感動と興奮に包まれることと思います。


 
 さてさて、明日は馬路村で、奇跡のリンゴこと木村秋則さんの講演会があります。
 木工所にはお休みをもらって、聞きに行ってまいります☆
 
 
スポンサーサイト
page top
豊島に行ってきました
 13~15日にかけて、以前住んでいた島に行ってきました☆
 以前のブログでは、大好きなジュール・ベルヌから名前を借りて、この島に“リンカーン島”ってブログ名をつけてました。
 ブログも変えたし、公開すると、私が住んでいたのは瀬戸内海の 豊島 という島です。
 この島は私のホームグラウンドなのです

 今回訪れたのは、島で同居していた後輩の一人、重吉が退職するのと、同じ仕事グループだった後輩のアキちゃんが別の職場へ異動になるため。
 14日は、元同居人のメロンパンナちゃんと日を合わせて秋山寮に泊ることにし、私は他の友達とも会いたかったので13日から行きました。

 以前豊島に行ったのは去年の6月だったのですが、いろいろとみんな変わっていることがありました。

 まず一つ、私が“神”と呼び勝手に崇め奉っている友人が、3月に結婚すること
 今まで、なかなか彼の性格を掴み切れなかった彼女さんも、ついに神の寛大さ、紳士さがわかったようで、今では彼女さんの方が気持ちが盛り上がっているようです。
 この報告を受けた時、本当に嬉しくて私もすごく幸せな気持ちになれました。
 彼は、私にとって、「いい人間になりたい」って心から思わせてくれる、素晴らしい男性です。彼なら、絶対に彼女さんと幸せな毎日を送っていけることでしょう。


 そして、豊島っ子のゆうこちゃん。
 ほんの数日前に祖母が亡くなってしまい、もともと体調不良とか心労が重なっていたこともあって、今回は会えないのかな・・・って思ってたんですが、彼女の方から会おうって言ってきてくれました。
 14日は、お祖母さんのお線香をあげさせてもらいました。
 私にも祖母がいるのですが、口うるさくて私はいつもイライラしてしまいます。
 目が見えないことや、痴呆が始まったことで、喪失感が募り、余計口を出したくなるっていうのはよくわかっているのですが、そんな祖母に私はついつい乱暴にしゃべったり無視をしてしまいます。
 ゆうこちゃんのお祖母さんは、遺影の中で嬉しそうに笑っていました。
 この世にいた人が、いなくなる。
 死んでしまったら、心はどこに行くのでしょう?
 
 お仏壇に手を合わせながら、祖母のことを考えないわけにはいきませんでした。
 

 それから、同期だったツンちゃん。
 彼女は4年目に島内の職場へ異動になり、そこがよく合っていたようで、本当に楽しそうに仕事をしていました。島のメンズたちと仲良くなり、島の生活を120%満喫しています。
 そんな彼女の、人には言えない秘めたる想いを聞いて、一緒に胸キュンしたり、二人で唐櫃岡を散策して、島のイケメンを探したり(笑)
 ツンちゃんも6月で仕事納め。
 それまでにはまた会いに行くし、きっと豊島大好き同士、島を離れてもまた日を合わせて遊びに行ったりできるでしょう。
 彼女はノーメイクでも色気を撒き散らかしているようなオネエ系美女で、私とは180度タイプが違うのですが、彼女と仕事を辞めても仲良く話せる関係になれて、ほんとに嬉しいです。いつもツンちゃんの人をすごく大事にするところを、めちゃくちゃ尊敬しています。


 2年下の後輩、アキちゃん。
 彼女は大阪の職場へ異動になります。
 島民の彼氏とのこと、悩みや葛藤をいっぱい聞きました。みんなそれぞれ、いろんな島での過ごし方をしてたんだなぁって、感慨深かかったです。
 それから、13日の夜は布団を並べて、暗闇の中私の悩みや近況もいっぱい聞いてもらいました。 
 大阪の職場はできたばかりなので、今の職場のいいところも悪いところもいっぱい知っている彼女なら、力になっていけると思います。私は、働いていたとき、島ならではの限界をすごく感じてたので、物も人も情報もいっぱいある大阪で、アキちゃんたちがどんな施設を作っていくのかが凄く興味があります。
 また教えてね。


 そして、元同居人であり去年に島を去ったメロンパンナちゃん。
 彼女は一年間高松の障害児施設で働き、来年度からアキちゃんと同じ職場へ転職します。
 彼女もまた神がかった人です。
 世の中には、私ができていないだけで、人間のレベルが高い人って言うのはきっとざらにいるんでしょうね。メロンパンナちゃんはものすごくしっかりしてて、私にいろんなことを教えてくれる人でした。私が頭悪くてあんまり吸収できんかったけど(笑)
 

 そしてこの三月で島を去る重吉と、私の後に秋山寮に入った羽毛田さん。
 重吉は専門学校に通い、羽毛田さんは二年間でしっかりお金をためて大学へ復帰し、世界中でフィールドワークをするとのことです。

 この寮は、もう島で帰れる場所ではなくなってしまいます。
 みんな別々の場所へ羽ばたいていきます。
 島での楽しかった日々が、どんどん遠くなっていきます。
 でも、この日集まったメンバーは、みんなが「また島で会いたい」って思っているのです。

 そして、これからも島で頑張るメシハラさん。
 島の男性のもとに嫁いだユキ姉さん。
 しばらくは島で単身赴任を続ける神。
 まだまだ、島には迎えてくれる人がたくさんいるし、豊島を大好きな仲間たちと、これからもまた遊びに行けるのです。

 本当に、島での出会いに感謝してます。
 島での出会いを無駄にしたくないし、みんなと次に出逢ったときに、新生活で頑張っているみんなに、私も胸を張って近況報告できるように、私は私の生活を、大事に、丁寧に送っていきたい、私は今、心からそう思っています。
page top
新☆アカネ農園
 土曜日、土曜市から帰ってきた後、堀の田って呼んでるちっさい田んぼに行ってきました。
 堀の田は、前はお米作ってたんやけど、乗用トラクターが入らんのと、面積が小さいので2.3年前から放置してあります。
 今年は、この小さい田んぼを“アカネ農園”って名前付けて、不耕機・自然農園にするつもりです!
 今までは親が作ってる畑に、親の力も借りてやってたんやけど、それだとやっぱり大事なとこ親に頼ってしまうし、自分の意見を主張できんしね。

 今、たまたま自然農をやってる方が近くにいてくれてるので、仕事が終わってからの30分ぐらいしか手伝える時間がないけど、精一杯取り入れてアカネ農園に活かしたい。今までは、機械使うの力がないしメンテナンスもわからないのでネックだったのですが、自然農だと私にもできそうです。

 で、土曜日と今日一日でしたことと言えば、ひたすら草抜きです。
 堀の田には、セイタカアワダチソウとカヤとドロボウ(あの、ほっそいひっつく草のこと、ここら辺ではドロボウって呼んでるんですけど、これは世間一般なのでしょうか???)がいっぱい。
 自然農を教えてくれている人によれば、生えててもいい草と悪い草があって、セイタカアワダチソウは他の雑草たちも駆逐する勢いで増える、やっかいなヤツなのだとか。
 そこで、まず土にスコップを入れ、表土を浮き上がらしてから、鎌で雑草の根っこから土をふるい落とす作業を延々やりました。でも、まだ一畝もできなかった

 非常に効率が悪い作業ですが、自然農では一度畝を立てると、基本は永遠にその畝のままなので、最初に丁寧にやっておくと後々めちゃ効率的だと思います。
 それに、堀の田は崖の真上にあって、真下には大海原が広がっているのです。
 そして、南と西に向いているので美しい夕日も見えます
 
 この景色を愛しながら、小さな畑で、てくてくとやっていきたいと思います^^
page top
アカネのどぶろく奮闘記②~生か、死か
 この一週間、記録しておきたいことがいっぱいありました。
 できるだけ一気に書きあげるようにがんばります。(日付は日時設定のとこで改竄したらいいや)

 
 まずは、リアルタイムの麹づくりを書きます。
 
 えー、一時間、強火でガスを無駄に燃やし続け、蒸気を抜けきらしたバカネは、しばし再起不能になってました。しかし、なんとかモチベーションを上げ、大きくて取っ手が邪魔にならない鍋を探してきました。
 ほんで、今度はちゃんと蒸籠の底をセットし、火にかけました。

 おかげで今回はちゃんと蒸しあがりました。
 ご飯をもろぶたに広げ、35度まで冷まし、種麹を揉みこんでいくのです。
 kouji

 これが、種を付け終えた麹です。
 これをさらし木綿に包んでザルに入れようとしましたが、やっとのこと呉服屋で手に入れたさらしは、横幅が30センチしかありません。2升分のご飯を包める訳がありません。
 アカネはしかたなく、ちょっと目は荒いですが米を蒸した時の布巾に包んでザルに入れ、発泡スチロールに仕込みました。加熱してやると、麹菌が元気に動き出すのです。
 発泡スチロールの中には湯たんぽを入れましたが、夜の間に冷めないよう、アカネは発泡スチロールごと布団の中に入れて寝ました。

 次の日、麹の温度はいい具合に35度に上がっていました。40度以上にならないように調節してやると、今日中に麹の花が咲くはずです。(つまり、菌がふわーっとなるのです)
 きっと、自力で発熱するのでしょう。夏場に酒作りが行われないはずです。
 アカネはそう考え、毛布を被せただけで仕事に向かいました。

 それに問題もあります。
 二回目の手入れは、麹を育苗箱二つに分けるそうなのです。ザルはもうないし、小さな発泡スチロールの箱では入りきりません。父に相談すると、畑の物置に大きい入れ物があるとのことでした。
 仕事から帰ってくると、アカネはそのどでかい容器と稲の育苗箱をきれいに洗い、念入りにアルコール消毒までして麹のために備えました。

 
 ところが・・・。

 ここからが、また別の受難の始まりだったのです。
 湯たんぽ二つ+日差し+毛布で温めまくった麹ですが、一向に温度が上がりません。温度計は20~35度の間を行き来しているのですが、麹は発酵が進んでいるようではありません。
 ついには精神に反して、祖母の電気アンカを入れたのですが(祖母は寒くて震えていました)、それでも湯たんぽが冷めたら麹の発酵も止まってしまうようです。

 本には二日ほどで発酵完了のはずですが・・・。
 種付けしてから、もう4日たってしまいました。それでも、花が咲いたところもあれば咲いてないところもあり、おまけに麹自体が水分を失ってカピカピになってまいりました。

 一体何がいけななかったのか、わかりません。
 とにかく、もうこれで酒を仕込むしかありません。
 
 
 という訳で、台所に行ってまいります。
page top
アカネのどぶろく奮闘記①~受難の旅路
 えー、このブログをミクシィに反映させる方法がわからなくて、ミクシィから見れるようにするのに時間がかかってしまいました
 あーるえすえすって何。

 今回はちょっとエッセイ風に☆

 そうそう、先に断っておくと、どぶろく作りは現在は自家用のみであれば、社会的に認知されております。天然酵母でパン作ったり、自分くで味噌作ったりするのと一緒ですな。
 なにしろ、我が家には米が余って処理に困るほどあるのでございます。

 前回の記事で作ったどぶろく、あれ日に日に酸味と苦みが増し、ドブ水になってしまいました。
 ヴァイブル☆『どぶろくのつくり方』を熟読すると、いろいろ疑問が湧いてきました。
 まず、「こうじ」と言うもの。
 本には普通に「こうじ1升を加える」とかって書いてあるけど、そもそも「こうじ」って何だよぉー!!そんなん、何升もどこで売ってるんだ!?一体いくらぐらいするんだ!?!?
 
 さらに熟読すると、どうやらアカネが前回買ってきた種麹を植えつけ、自分で作るものだとわかりました。

 ・・・・作ってやろうじゃないの。
 こうなりゃ、麹から作ってやろうじゃないの!

 そうなると、前回の失敗の理由が痛いほどわかります。
 麹をちゃんと発酵させずに、いきなり水と米の中に種のままほりこんじゃったら、酒になる訳ないわねぇ


 アカネは、麹の作り方のページを見ながら、自分で手順を書き出し、流れを頭の中に叩き込みました。
 麹室は、ベビーバスで代用。
 育苗箱って、麹用のどんなかわからんけど、稲の育苗箱で代用。
 後は、加温器の代わりに湯たんぽ買って、ベビーバスを包めるぐらいの巨大なビニール袋買って、麹を包むさらし木綿があったらO.K.。

 帰宅途中にいろんな店をかけずり回り、やっとこの3点をゲットしました。
 そして家でさっそく準備してみると・・・。

 でかいと思ってたベビーバスの中に、育苗箱が入らない。ベビーバスって丸くなってるから、育苗箱の角がつかえてしまう。
 悩んだ挙句、ベビーバスの代わりに発泡スチロールを、稲の育苗箱の代わりに土をふるうザルを納屋から引っ張り出しました。

 そして、洗濯機を壊しそうになりながら、前日から浸けてあった米を脱水したのですが・・・。いまいち水分が抜けきってない。本には、米の水きりがとにかく大事と書いてあります。もう失敗は嫌です。
 そこで米をもろぶたに出して乾かしたため、米を蒸す作業は夜になってしまいました。

 大なべにお湯を沸かし、布巾で包んだ米を蒸籠に入れ、大なべの上に置こうとすると、鍋の取っ手が邪魔で蒸籠の一番底がぴったり鍋の口につかないことが発覚しました。
 そうだ!
 蒸籠は3段あります。うち二段を使って、一番底に空の蒸籠を敷き、その上に米を入れた蒸籠を置いて蒸したら、蒸気が脱水した米につかんでいいがやない!?
 
 アカネは強火で一時間蒸し続けました。
 そして一時間後、もろぶたの上にアツアツのご飯を広げようとしたら、
「あれ?」
 熱くない。
 てゆうか、最初と米の状態が変わってない感じや。
「お母さん?米、蒸したに冷たいままながやけどなんで??」


「蒸せてないがやない?」


 アカネは床に倒れるしかありませんでした。
© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。