FC2ブログ
自給的暮らしに向けての軌跡。
page top
ソラマメの種採りって...
4日土曜日は六月のオーガニックマーケットに出店してきました。
商品は、梅・えんどう豆・びわ・青じそ・ソラマメでした。

お客様にもたくさん声をかけていただき、テントを借りているのぼる農園さんにも、野菜の作り方とか夫婦円満の秘訣とかを教えていただき、とても有意義な一日でした。

しかしこのソラマメが...。

鞘ごと袋に詰めて150円で売っていました。鞘に入っていた方が日持ちするし、鞘から出すと直ぐに変色してくるからです。
他にも、たくさん要るお客様にはちょっと大きい袋で300円で詰め放題もしていました。

ところが、鞘を剥いだお客様のおかげで、中のソラマメが変色したりカビていたりしていることがわかりました!

そこで急遽鞘を剥いで売ることに。
鞘が黒ずんでいても大丈夫だったり、まだ青かってもカビが来ていたりと、外側からはなかなかわかりませんでした。

ソラマメの種をとる時も、鞘の中で種が黒ずんでいるのは仕方ないと思っていました。
ソラマメは鞘が黒ずんでから、鞘ごと乾燥させて種だけを保存するように本やネットでは書いてあります。でも高温多湿の高知では、鞘の中でまず間違いなくカビます。そこで去年種採りした時は、父は鞘から種を出してから天日干ししていました。

そこで私も今年は種採りに挑戦したのですが、何しろ鞘が黒ずんで柔らかくなっているので、中の豆にも黒ずみが移ったり、少々カビが来ても普通の事だと思っていたので、あまり気にもしませんでした。病気の種はまず発芽しないだろうと。


でも、まだ種にも適さない内から中がダメになっているなんて...。
オーガニックマーケットに出店されている農家さんも、「ソラマメは外側は汚くても中はきれいなものだから、病気になっているのでしょう」とのこと。
のぼる農園さんも、「鞘は種を守るためにあるんだから、内側までカビるのは病気やろう」と...。そう言われたらその通りです。

知らなかったとはいえ、もう結構お客様に売ってしまった後だったので、悔やんでも悔やみ切れません。

よく、ソラマメの種採りが難しいとか、ソラマメの種は高いって聞きますけどこういうことだったのかもしれません。


(もっと酷いのもありました)


そこで、種用に分けておいたソラマメの鞘がぬめっていたり白くカビが来ているのは鞘から出し、触ってみて乾燥しているのは鞘のままで乾燥させてみることにしました。

鞘から出したソラマメは、流水でよく洗いキッチンペーパーで拭いてから天日干しすることに。洗うことで表面の殺菌作用がある何かを流してしまうんじゃないかなぁ...けど表面に病気がついてる可能性がある訳やき、洗う方がいいでねぇ...と自問自答しながら。


ネットで調べても、ソラマメの立ち枯れ病とかアブラムシの害は出てくるんやけど、種に関する病気の説明は見つかりませんでした。
ソラマメの種採ってる人って少ないのかな?お米やったら、湯温処理でバカ苗病を殺せるとかって方法が確立してるのに、ソラマメはまだわかってないのでしょうか??

父に去年の種採りで注意したことを聞いてみると、
「知らん!忘れた」

...。そういえば去年ろくすっぽ種採りしてなかったなぁ...。もう後半になって、たまたまハウスに残ってた発育の悪いソラマメが種になってたから、保管してた気が。

「けど水に漬けてみて浮くがは捨てたぞ。」
と父。

去年は種採りをテキトーにしたみたいやけど、それでも発芽率は悪かったけど大きい鞘もついたし、小さいのも入れたらかなり採れた。

病気の原因が梅雨が早かったからっていう可能性は大きいけど、もし去年の種から持ち越したものだとしたら、種をきちんと選んで病気に気をつけて管理すればいい豆ができる可能性は高い。

それを信じて三種類の方法で種を干して見ることにしました。



(左上は病気を知らずに種を採って乾燥させたもの、右はマーケットの次の日に鞘から出して水洗いしたもの、下は良さそうな鞘ごと乾燥することにしたもの)


もし、このブログを見ている方の中に先日ソラマメを買われた方がいらっしゃいましたら、7/2にまた出店しますので申し出て下さい。半額お返しいたしますm(_ _)m
page top
カボチャ、ごめん。
 農業の記事がすっかりご無沙汰になってしまっていましたね。
 実際、梅雨と暑さと休日に予定があったりして、畑に出れる機会が少なかったのです。
 
 それに、特に野菜たちのことで嬉しいこともなく・・・。

 
 今日は空前絶後の大失敗のカボチャについての記事を書きます。


 今年は、去年のカボチャの種から苗を育てました。
 3月7日に ミニカボチャ、白カボチャ、栗かぼちゃ、赤と緑のまだら模様のカボチャの4種類をポットに蒔き、まだか、まだかと発芽を見守りました。
(去年大繁殖したひょうたんカボチャは、こぼれダネが勝手に生えてくることを期待してまきませんでした。)

 やっぱり早く蒔いても、生えてくる時期は種が自分で決めるのでしょうね。生えてきたのはだいぶ温かくて日も長くなった4月ですから、だいたい一ヶ月後でした。

 そしてポットの中で充分大きくなったと思えた5月2日に、「果樹園」と呼んでいる畑に20個全部移植しました。
 
 この「果樹園」を説明します。以前、人にナス用のハウスをするのに貸していたところなのですが、水をひける場所から少しずれていることと、機械が入らないことで少々不便だったらしく、農家さんも歳がいったとかで規模縮小で、何年か前に却ってきたところなのです。
 そして現在持ち上がっている、安芸市民の念願である高速道路がこの地に通ることになっており、せっかくだから木でも植えておこう、と去年から父が果樹を植え始めたのです。
 水も機械も入らないところで、作物を作るのは大変ですからね。

 さてカボチャといえば、放任でも楽々できる、初心者栽培の王道。
 何しろ旺盛なツルが草の上でも生えて行きますから、雑草対策にもなるくらいなんです。

 
 ただっぴろい果樹園に、間隔を広くとって、ところどころ植えて行きました。
 しばらく経って様子を見に行ってみると、果樹園の一番東側に植えた苗が腐ってました。果樹園は他よりも一段低い畑なので、東側は水が溜まってしまうようでした。
 ウリバエ対策に両側を開いたビニール袋を被せ、鶏糞と米ぬかも少々施しました。
 植えてから全然大きくなっていませんが、化学肥料を使ってないので、毎年成長は遅いのだと思います。梅雨の時期にぐんぐん伸びるので心配は要りません。

 ・・・・って思ってたんですが。

 大きくならないんですよ。
 梅雨になっても。

 何本かは新しいツルを伸ばして、これから期待できそうやな~ってのもあったんですけど。
 
 


 こんな感じでツルを伸ばしても、見に行く度に葉が黄色っぽくなって、しなびてきて、枯れて行くんです。
 なんと根元が腐っていってるではないですか!!!



 実はですね、植える時に、畝を作ってやらなかったんです。
 ひょうたんカボチャなんて畝なんてなくてもどんどん繁茂してってますし、畝が必要って思ってなかったんです。
 だけど、かぼちゃの畝って、すっごくすっごく大切だったんですね・・・。
 考えてみれば、カボチャってもの凄く茂るけど、根は凄く浅いんです。簡単にひっこ抜けるくらい。だからこんなに湿気のある果樹園では、高い畝を作ってやることがどうしても必要だったんです

 そういうことに、20個中19個溶けてしまって痛感しております。
 そして今現在なんとか元気なカボチャの葉っぱが、ひょうたんカボチャに瓜二つなんですけど、なんで・・・・????

page top
ジャガイモ掘りました☆
 梅雨の晴れ間の今日、木工所から帰ってから大急ぎでジャガイモを掘りに行きました。

 去年は山の畑にジャガイモを植え、蠅まみれになりながら鶏糞を施したり、山から落ち葉を集めてきて土寄せの時にすき込んだり、米ぬかをやったりと私なりに頑張って育ててきました。
 けれど結果は散々でした。
 ひゅうっと伸びた細い茎、小さな葉っぱが枯れた後、芋はほとんどついていませんでした。茎の下に中くらいのが一つあるか、小さな芋が2つあるかって感じでした。
 奴らは全く子孫を残そうとする気配すらなく、私を嘲笑うために発芽したかのようなもんでした。


 そんな経験がありますから、「今年は去年の奴らより葉は茂ってるハズ!」と言い聞かせながら、ドキドキしながら掘りました。

 結果は・・・

 



 おおっ!
 そこそこなってるじゃないか!
 それに超キレイやし。
 中くらいから大きいイモがゴロゴロ!

 やったぁ~~~~!!!!


 思えば、3月初旬に種イモを購入してから(出島という品種を買いました)、『現代農業』を参考に種イモを切り刻み、数日乾かしてから植えようと思っていたところに、予想外の長雨
 2週間近く地面が乾かず、なかなか植えられないうちに種イモはひしなび、芽は黒ずみ・・・って、ハラハラしっぱなしでした。

 やっと植えてからもなっかなか発芽せず、他の畑でジャガイモがぐんぐん大きくなっているのを見ては、
「絶対腐ったんや!!」
と泣きそうになったり・・・。

 発芽を確認したときは、思わず話しかけてしまいました。
「おはよう。」って。
「待ってたよ。頑張って大きくなってね。」って。

 
 切り刻んだ種イモが残っていました。



 今回勉強になったことは、

*ジャガイモは切り刻んでも大丈夫!少々しなびても、ヤバくなっても100%で発芽する!
*切り刻んだら芽かきをしなくていいので手間いらず。
 けれど寒の戻りでダメージを受けたらアウトなので、3月半ばに植える。
*ちっさいのを種イモにしても大きく育つ!

ってことです。


 さてさて、”自家製のもう品種も何かわからなくなってて、毎年買い遅れているために家にあるヤツを植えてるけど全然うまくできない”赤ジャガはどうでしょうか??




 出島ほど大きくはなってないけど、いままでにない出来の良さ!

 3m×1.2mの畝に二列植えで5畝で、これだけ採れました。まだ青々してて掘ってない株もあります。

 勝因は??

 ヘアリーベッチがよかった?
 大豆との混植?
●たまたま土のコンディションがよかった?

 たぶんコレ↑でしょう。施した肥料といえば、米ぬか、油粕、風呂場の灰などを一握りずつ時どきやっただけですし。




 大きいジャガイモは私の顔の半分ぐらいありました。
 
 嬉しくて嬉しくて、その晩は我が家は私の高笑いに包まれたのでした。

 
続きを読む
page top
つまらない文章の農業日記
 最近ケータイの不便さにイライラがMAXの日々。
 相変わらず健気に頑張ってくれてるムーバちゃんに、「ブログをUPできんのはお前のせいじゃ~!」「画像悪すぎいい加減にせい!」と冷たく当たる日々。

 で、昨日ついにDoCoMoショップへ行って来ました。
 で、見事にいいデザインの機種がない。

 5 6万も出すんだから、気に入らないデザインなんか絶対に持ちたくない。結局、一番可愛いかな?と思えるマリメッコのケータイか、Kate spadeのボーダーの機種なら持ってもいいと思えました。しかしそれはまだ未発売。6月の後半までは待たないといけないみたい・・・。

 そこで今日はauショップへ。
 auはやっぱりデザインが素敵ですね。しかし、パソコン対応のサイトも閲覧しようとすると、月々8000円近く利用料がかかることがわかりました。他社との通話サービスないし・・・。

 なので、今日はケータイのせいにしてサボってた農業の進捗状況について書きます。

 

<ハブ茶>

 以前、耕すのに疲れ果てて畑でふて寝したってとこは、無事耕し終えてハブ茶の種を蒔きました。
 思えば、あまりの暑さとだるさに発狂寸前になり、またぐわを崖へ投げ捨てそうになったり(畑の南側は崖なのです)、
「今ハルマゲドンが起こってこの畑をぶっ潰してくれればいいのに。」
という妄想と戦ったり、わずか1畝ばぁのスペースなのに随分苦労しました。
 結局すっかりトラウマになってしまい、畑に行きたくなくなってしまって、種をちゃんと蒔くまでに整理できたのはブログを書いてから2週間後でした。

 ハブ草って、見たことないけど元気に育ってくれればいいな☆(←ゲンキン)
(そして高値で売れればいいのに。)


<黒米>

 今年は古代米の一種、黒米作りに挑戦です!
 種はオーガニックマーケットで広瀬さんに分けてもらいました。
 40g蒔きで4箱できましたが、芽が出るまでに育苗箱を重ねていると見事にカビました
 その後も、手で蒔いたので芽が出てもムラがあったり、発芽が揃わなかったりとイマイチでした。

 それでも田んぼに浸けているうちになんとか成長したものを、5月30日に1~2本植えしました。やっぱり足りなくなって、未熟な苗も全部植えちゃいました。
 
 黒米は苗のうちから葉っぱが赤いです。
 どんな成長を見せてくれるのかな♪(^-^)


<ラブ米>

 去年に引き続き、今年も植えました。今年は育苗箱に60g蒔きで3箱分用意したのですが、災難続きでした

 まず、3月の中ごろ、比重選したものを目の細かい洗濯ネットに入れ、近くの溝で浸水してました。
 3日後に見に行ったら異状なしでした。
 1週間後に行ったら、鳥にネットを食い破られ、いくばくか喰われておりました。

 育苗箱に蒔いてからも、順調に育ったのは最初のうちだけで、庭に置いていたにもかかわらず、今度はスズメに幼苗を喰われてしまいました

 そんな度重なる被害を乗り越えた苗は、やっぱり足りず田んぼの1/3は植えられませんでした。
ラブ米―品種は不明―

 
 でね、今年が去年と違うことは、写真で私が触ってる苗なんですが、3月ごろに落ち種が生えてきたものを植え変えてみたんです。2週間くらい前に引き抜いて、1か所に縛っておいたのでその間成長ができてないのですが、そのままにしていたら4~5本に分げつしていたはず。

 つ・ま・り・

 このまま落ち種が順調に生育したら、ラブ米は早生植えができるってことなんです!
 ラブ米は去年人づてにもらったので、詳しいことは何一つ解らないまま育ててみたのです。 


 
 まぁこんな感じで、5月の内容を書き綴ってみました。
 農業ブログは、前のブログのエッセイとは違ってイマイチ書き方が掴めません。
 自分で「なんてつまらない文章と記事だろう」と思いながら書いています。早くケータイを変えて、リアルタイムの興奮と発見を更新したい!!
 という欲求と、6月後半まで戦わなければなりません。

 
© 啓蟄の候(けいちつのこう). all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG